判定方法の種類

バイナリーオプション取引をする上での判定方法は現在3種類あります。どれも違った取引の面白さや妙味があり、これらの方法を学んでしまえば、相場の動向に合わせて柔軟に取引できるようになり、収益チャンスが後々増加します。様々な取引方法をひと通り試しながら、自分の得意となる方法を追い求めるのも楽しいでしょう。これから紹介する判定方法を学んで、取引に活用してみましょう。

その1: ラダー型(High/Low、高/低)

バイナリーオプション取引の中でも一番シンプルで簡単な方法がこのラダー型です。
ラダーの図解

判定時刻の時点で基準レートより「上に行くか下に行くか」を予測するだけで、初めて取引する方でもすぐに取引ルールを理解できます。FXプライム byGMOの『選べる外為オプション』GMOクリック証券の『外為オプション』FXトレード・フィナンシャルの『バイトレ』でラダー型の取引を行えます。

その2: レンジ型

判定時刻における将来の為替相場が、ある一定の水準と水準を挟んだレンジ範囲内(境界)の中で動きが収まるかを予想する判定方法です。
レンジ型の図解

例えば、「これから1週間は基準レートからプラスマイナス50pips以内で小動きするだろう」などと予測する際に有効な方法となります。強いトレンドが発生している時よりも、動きが鈍くて一貫性がない時に使えますね。FXトレード・フィナンシャルの『バイトレ』、でレンジ型の取引を行うことが可能です。

その3: ワンタッチ型

予想したレート価格に一回タッチするかどうかを予想をする取引方法のことです。
ワンタッチ型の図解

判定時刻までに予想レートに1回でも到達すれば、利益が発生します。当然時間内に何度タッチしてもOKとなります。FXトレード・フィナンシャルの『バイトレ』IG証券『ワンタッチ』でワンタッチ型の取引を行うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする