“矢印日記”に相場の動きを毎日付けてみよう

・外国為替相場の動きを「時間と形」のチャートで表す
投資をされている方は、トレード日記を毎日つけることで相場の動きの特徴が分かることもあります。どのようなことをチェックして記入しておけばいいかと言いますと、その日の取り引き結果が円安なら「↑」で円高なら「↓」という風に記号をつけておくのです(クロス円の場合)。

たったこれだけのことなのですが、投資を行ううえでの判断材料の1つになりますので、是非ともして頂きたいと思います。

下図はチャートの1つの種類で、「ポイント&フィギュア」というものです。
ポイント&フィギュアの例

ポイント&フィギュアは名前の通り「時間と形」での為替の動きを単純化して表示されているものなのです。

1日、1週間、1カ月といった期間の単位ごとにチェックしてチャートをつけていけば、最初の取引には○が連続していたり、×が何回続けば○に変わる傾向がある、○と×が交互に出てくるのは何回ぐらいかなど、長期的にチェックをしていると一定の法則性が見えてくることもあるのです。

また、このチャートを利用していると、、1週間や1カ月の期間で雇用統計などの経済指標発表時にはどうなるかなど、タイミングに合わせた傾向も見えてくることもあるのです。トレード日記をつける際は、全ての取り引き結果を記録しておく必要はありません。自分に必要だと感じる情報だけ記録しておけばいいのです。

最初は面倒だと感じるかもしれませんので、バイナリーオプションの取り引きが出来る時間で「↑」「↓」をつけてみるようにして下さい。取扱会社がデータを公開しているところもありますので、それを利用するのも1つの手段です。まずは簡単なことからトレード日記を始めていけばいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする