米国の雇用統計時刻を狙って売買する

・米国の経済見通しを敏感に反映する雇用統計は絶対にチェックを
ドルの相場を大きく動かしている経済指標としては、米国のGDP(国内総生産)統計や雇用統計があげられます。GDP統計とはどんなものかと言いますと、その国の経済規模がどれだけ成長をしたか減退をしたかを示す経済指標なのです。ニュースなどでGDPという言葉を聞かれたことも多いでしょう。

雇用統計はどんなものかと言いますと、雇用環境が改善したか悪化したかを示すものなのです。米国の経済指標はたくさんのものがありますが、その中でも特に雇用統計・非農業部門雇用者数の数値の良し悪しがドル相場に大きく影響すると言われています。

雇用統計は毎月発表されるのですが、消費大国である米国にとってはとても重要な指標なのです。米国では、GDPの約7割が個人消費だと言われています。ですので、雇用が改善することで個人消費が増え、経済が豊かになると言われているのです。米国にとって雇用が拡大することは、国の経済成長へと繋がるとても重要なことなのです。雇用が拡大すれば、ドル高となる傾向があります。

逆に失業率が上昇してしまうとドル安となる傾向があるのです。世界の為替投資家たちは、特に米国の雇用統計を細かくチェックしているのです。雇用統計の中でも特に失業率と非農業部門雇用者数変化は重要な要素となることから、厳しくチェックをされている投資家が多いようです。

数値が予想よりも良ければどこかの下押ししたタイミングで「HIGH」を購入し、悪ければ天井をつけたところで「LOW」を購入するのが賢明でしょう。

極限までリスクヘッジをして損失回避をしながら利益を生むためにバイナリーオプションは最適な取引方法なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする